法人理念〜園の方針〜

「社会福祉法人 香楠会の理念・目的」

社会福祉法人香楠会は、「真実かどうか」「みんなに公平か」「好意と友情を深めるか」「みんなのためになるかどうか」を基本的理念とし、福祉の基本に則り、更なる研鑽につとめ、常に地域の人々の立場に立った福祉サ−ビスの提供を目的とする。
「保育の理念・目的」
社会福祉法人香楠会・エミール保育園は、児童福祉法に基き保育に欠ける乳幼児を
保育することを目的とする児童福祉施設である。
 その保育の理念は、入所する乳幼児の最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することにある。
「保育の基本方針」
1. 家庭や地域社会との連携を図り、保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。
2. 子どもが健康安全で、情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を充分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。
3. 養育と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成する。
4. 地域における子育て支援のために、乳幼児などの保育に関する相談に応じ、助言するなどの社会的役割を果たす。
「保育の目標」
1.「自立」「自主」「自律」の精神を身につけ、「自分で考え、判断し、行動できる人間」を育てていく。
2.責任感と思いやりの心を基にして、豊かな社会性を育んでいく。
3.自分の思いどうりに動かすことのできる健康な身体に育てていく。
4.食は生命であることを考え、食べることの楽しさを体験させていく。