採用情報2020

エミールこども園ブログimageエミールこども園ブログimage

Emile blogエミールこども園ブログ

「なぜ、モンテッソーリ教育に魅力を感じるのか」


梅雨時とはいっても、なかなか雨が降りませんが、また集中豪雨がこないか心配ですね。
それに、毎日報道が続くウクライナでの戦争にも心が痛みます。
そんな心配ごとを忘れさせてくれるのが、子どもたちの元気な姿です。「子どもは遊ぶために生まれてきた」と昔の歌人が詠んでいますが、全くそのとおりで遊びの天才です。
この子たちの心が乱されることがないよう、毎日気配りを続けていくのが私たちのつとめであることを、忘れないようにしていきます。
ところで、数日前の新聞で、「元NHKの人気アナウンサー久保純子さんが、ニューヨークで保育士に」という見出しに目が留まり、「ひょっとして、モンテッソーリ教師ではないか」と思いました。そして読み続けていたら、やはりその通りでした。自分の子育ての時に出会い体験させ、その後教師資格を取ったそうです。永年実践している私にとって、当たり前と思っているモンテッソーリ教育の、何が久保さんに強くアピールしたのか、その魅力をもう一度おさらいしてみました。

① やはり最初は、クラスにずらりと並ぶバラエティに富んだ教具の魅力でしょう。鮮やかな色と形、さまざまな文字と数字、多種類の模型や絵カード、どれでも思わず手に取ってみたくなるものばかりです。

② そのうえ、これらの教具は全て、子どもの成長を促す系統性に沿っており、また成長期の宿題ともいうべき「敏感期」を、充分に満足させる各分野の内容となっています。

③ さらに驚かされるのは、私たちが見慣れた全員一斉的な形ではなく、全ての子どもが自分で遊び、自分のペースで取り組んでいることです。自分の人格と意思が尊重され、自分の存在が誰にとっても有益であることを感じ取らせるという、モンテッソーリ教育のメインテーマがまさにこの場面にあるのです。

④ 時間や場所を制限されず、思いどおりに活動を続ける子どもには、深い集中現象がもたらされます。このことのよって、より良い活動の結果を得られるとともに、これを繰り返すことにより、その子の人格がより善い方向へ導かれていくことは、多くの実践結果より証明されています。

⑤ 幼い時から自分の意思で選ぶことが保障され、その生活を続けてきた子どもには、物ごとを考え解決する時に、あくまで自分の力で進めていこうとします。いわゆる「自主性・自立性」「独立性」「計画性」の発揮です。同時に「自分の自由」と共に「他人の自由」も尊重していきます。モンテッソーリが、「平和は子どもたちの中から生まれる」と言ったのは、まさにこのことなのです。

久保さんがピンときたのと同じように、私も50年前、一発で「これはいただき」と感じました。未だにその選択は正しかったと胸を張って言えます。というのも、毎日顔を合わせる多くの子どもたちの表情の中に、私の理想の全てを読み取ることができるからです。だから私の今の心境は、「人生バンザイ」といったところです。

理事長 江口 浩三郎より

  • 最新記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

このページの上部へ