採用情報2020

エミールこども園ブログimageエミールこども園ブログimage

Emile blogエミールこども園ブログ

「意思通りに動く身体〜お茶会にて・・・」

先日、秋晴れの気持ちいい空のもと、大濠公園に遠足に行ってきました。そして今年も、3・4歳児が公園の林でドングリ拾いに夢中になっている間、しばし和式の広く優雅なお茶室で5歳児ミドリさん達とともに美味しいお茶をいただきました。リュックを担いで到着したミドリさん達、庭園までの道のりは「どんなお茶飲むのかな?」「お菓子あるってよ♡」など少し興奮気味でしたが、お茶室に足を踏み入れた途端、静かに靴を脱ぎ、きれいに整列して部屋に入っていきました。子ども達が騒いだりおしゃべりしたり大変だろうと予測した着物姿の司会の方、マイクを片手に登場しましたが、きちんと正座をしてシーンと静まり返った子ども達には、マイクなど全く必要ありませんでした。お茶を飲む作法の説明をしっかりと聞き、質問されれば手をあげて答え、お茶が出されると見本で見せてもらったように三つ指でしっかりとおじぎをし、ゆっくりと両手で茶器を持ち上げて飲む子ども達。洗練された動き、抑制力を持って行動する素晴らしく立派な姿に感動しました。
ほんの少し前までは、バタバタと気の向くままに衝動的に行動していた子どもが、なぜこんなに抑制の効いた優雅な立ち振る舞いができるようになったのか、本当に子ども達の早い発達にはびっくりさせられます。
人間は、生まれてから2歳ごろまでに、二足歩行や走る・登るなどの基本的な粗大運動を発達させますが、2歳半ごろからは少しずつ自身の動きをより「洗練」させるための無意識の努力が始まります。単に気の向くままに動き回るような発達の段階から、少しずつ、日々の生活や活動の中で手や身体を、意志を使い目的を持って動かしながら、その動きをさらに細かくコントロールできるように洗練させていきます。
モンテッソーリは、この動きの洗練にとって一番大切なことは、「自由に自分の意志で」動いてもらうこと、だと言います。自由に自分の意志を使いながら行動することにより、その動きを「抑制」できるようになる、とは少し矛盾するようですが、本当にそうなのです。自由に手を動かし体を動かし、どんどん意志通りに動く身体を完成させていく子ども達。こんな努力を惜しまない子ども達に対して、私たち大人は少しでも手出し・口出しで邪魔することのないようにしたいと思います。
お茶会も終わりお茶室を後にする私に、スタッフをされていた方から「こんなにお行儀のいい園児さん達、見たことがありません」と声をかけられ、本当に立派だったミドリさん達の振る舞いをとても誇らしく感じ、嬉しい思いで一杯になりました!

園長 大原 青子より

 

  • 最新記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

このページの上部へ