採用情報2020

エミールこども園ブログimageエミールこども園ブログimage

Emile blogエミールこども園ブログ

「毎朝、ニコニコ笑って園の門をくぐる」

このところ、急に朝夕が冷え込んできて、体調の維持管理が大変ですね。また、コロナは何とか収まっているようですが、このまま終わってくれたらいいですね。

子どもたちは、変わらぬ元気さを見せています。園庭に「クライミング」という新しい遊具が入り、毎日嬉々として群がっているところです。尽きることのない好奇心や向上心があるからこそ、成長の内容を充実させているのでしょう。深まる秋の気配の中で、子どもたちへ目を向け続ける楽しみを味わっていきたいと思います。

ところで、以前私が園長だった頃、「子どもを毎日、ニコニコ笑いながら登園させて下さい。それ以外は何もする必要はありません」と保護者の方にお願いしていました。というのも、子どものその一日の成長は、スタートで決まると信じていたからです。今でも、全くその気持は変わりません。

① ニコニコ笑顔でやってきた子どもは、すでに園庭で元気よく遊んでいる子どもたちの輪に、すぐに入っていきます。園庭での活動は、ちょっと見は乱雑で無秩序に見えますが、決してそうではありません。狭い場所で限られた遊具ではありますが、実に様々な工夫をして面白い活動を見つけています。まさに知恵のかたまりといったところですが、子どもの頭は朝からフル回転しているのです。同時に、友だちの輪の中にいるということは、自分の気持の良い居場所を見つけているのです。

上手に居場所を確保することは、長い人生でのいろんな場面でとても大切なことですが、園庭での遊びのなかで、すでに子どもは学んでいるようです。

② ニコニコ笑ってやってきた子どもは、気分がいいので、何にでも自発的に積極的に取り組んでいきます。そしてどんどん集中して、次々と結果を出していきます。子どもの活動は、やればやる程当然脳や身体の成長発達を促すものですが、自発的な活動を続ければ、そのスピードがグンと速くなります。

③ 毎日気分良く活動に入り、気分良く活動を続けられる子どもは、「知性」「情操」「意思」の三つを、バランス良く身につけ伸ばしていきます。人の輪の中に入り、お仕事の場でやりたいことを選んで集中し、一日の生活の中で自分の役割をきちんとこなし続ける中で、頭の働き、感情のコントロール、意思決定のトレーニングを続けていくからです。

良い人格を形づくる「知」「情」「意」のバランスのとれた発達は、ニコニコ笑顔から生まれるといっても過言ではありません。

子ども時代は、アッという間に通り過ぎます。しかしその短い間に、その子の人格・人間性の土台がしっかりと作られていくのです。そんな子どもの成長の最大の手助けは、ニコニコ笑いしかありません。まずお家の人が朝からニコニコ笑って、子どもを気分よく送り出してください。

理事長 江口 浩三郎より

  • 最新記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

このページの上部へ