採用情報2020

エミールこども園ブログimageエミールこども園ブログimage

Emile blogエミールこども園ブログ

「自由に活動する子どもは規律をよく守る」


満開の桜の次はつつじ、そしてこれからはあじさいと、コロナ禍のもとでも、自然の美しさは私たちの目を楽しませてくれています。
先日の園内遠足では、園庭じゅうにお弁当をひろげて、おしゃべりの輪が広がっていました。バスでの遠足が出来ないのに不平も言わず、目の前の環境を楽しもうとする姿には、本当に感心させられると共に、教えられることばかりです。
ところで、あるモンテッソーリ園の公開保育の時、他園からの園長数名がクラスの中を見ながら、「こんなに子どもを自由にさせていたら、保育がグチャグチャになるね」と話してるのを耳にしました。確かに、先生の指示のもとで動いていく一般の保育からすれば、そんな感想も当然のことでしょう。そしてその先生方の頭の中には、「自由と規律はコインの裏表」という大原則が、思い浮かばなかったからでしょう。
モンテッソーリ教育では、「自由を子どもに」が一番大きな目標です。しかし活動の全てが未熟な子どもたちにとって、正しい道しるべがなかったら、迷子になってしまいます。そうならないために、「クラスでのお仕事がうまくいくように」「日常の生活すべてをスムーズに進めるように」「友だちと仲よくできるように」と、ルールづくりに配慮していかなければなりません。
子どももまた、人格のなかの秩序性を形づくるために、秩序正しい規律が整えられた環境を求めています。また、自分だけでなくまわりの友達の自由な活動を侵さないために、決まりが必要なことがわかってきます。決まりを上手に守ることで、仲間がいっぱい増えていくからです。「自律心」「自制心」「忍耐力」といった大切な資質は、規律ある環境の中で過ごしながら育っていくものです。
それでは、どんな環境から規律を学ぶかと言えば、何といってもモンテッソーリ教具への取り組み、いわゆるお仕事です。「場所をきちんとしておく」「順序どおりにする」「他人のじゃまをしない」「大切に取り扱う」等のルールを守らないと、結果を出すことはできません。また、クラスの中で話し合ったルールも生まれてきます。「遠足のときの行動」「プール活動の順序」「発表会の練習の内容」等、子どもたちは自発的に考えたルールを厳しく守っていきます。
自由な活動が許されていることは、子どもにとって自分が一人の人間として認められ、尊重されていると感じることで、幸せな気持になります。それだけに、自由の実現のための規律の尊重は、当然理解ができて実行しなければならないと感じているはずです。

理事長 江口 浩三郎より

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

このページの上部へ