採用情報2020

エミールこども園ブログimageエミールこども園ブログimage

Emile blogエミールこども園ブログ

「クラスの環境-三角関係」

わずかな雨しか降らずに梅雨明けしてしまいましたが、この夏の水加減はどうなるのでしょうか。加えて、コロナにウクライナ、桜島の噴火と、心の休まるひまもありません。永い歴史の中で今生きているとでも、考えておきましょうか。
それでも、蝉しぐれに向けて、木の枝に鋭い目を向けている子どもの表情は不変です。
この子どもたちが、まだ幼いながらも大きな存在であると感じるのは、私だけではないでしょうね。
ところで、日本の学校のクラスでは、時間割りに沿って、先生の授業を学ぶという形が殆どです。そこでは、先生→生徒という一本の線しかありません。これに対しモンテッソーリクラスでは、「子ども」「先生」「環境」が三本の線でつながれた三角形をしています。というのも、あくまで子どもの自由意思を尊重し、自主性・自立性の実現を目指しているからです。それでは、三本の線の具体的なはたらきを見ていきましょう。
① まず「先生」は、クラス環境を準備します。何が子どもの成長を促すために最適なのか、不必要なものがないかを厳しく選び分け、また、どんな配置をすれば子どもが活動しやすいか(これを「動線」といいます)、常に配慮していきます。環境の主役はモンテッソーリ教具で、全ての子どもの敏感期を、充分に満足させられるように考え抜かれています。もちろん、色・形・重さも子どもにぴったりです。
② 次に「子ども」と「先生」の関係ですが、先生は自分のクラスで、子どもがどんな人間に育って欲しいか、はっきりとした意識を持つ必要があります。そのためには子どもを深く観察し、子どもの隠された長所を、どんどん導き出さなければなりません。だから正式には「ティーチャー」ではなく「ディレクター」と呼ばれているのです。自分をひとり前の人間として認めてくれる先生を、子どもは大好きです。クラスの中は、信頼関係であふれています。
③ 子どもは、誰からの指図も受けずに、自分の意思で教具を選び活動を続けていきます。もちろん教具の取り扱いに不慣れの場合は、先生の手助けを借りてもかまいません。ただ、自分のやりたいことを自分のペースでやれることは、どれだけ子どもの自尊心をくすぐり、自己肯定感を高めることでしょう。いつ見ても、クラスに平和な充実感が満ちあふれているのも、うなずけるものがあります。
モンテッソーリは、「新しい教育」から「新しい子ども」が生まれてくると言いました。「新しい子ども」とは、自分自身をひとりの人間として大事にし、自分の意思で行動をコントロールできることを言います。それを裏付けし押し進めていくのが、この三角関係です。クラスの子どもはこの環境になじみ、すっかり自分のものとして活動しています。「新しい子ども」の誕生を、毎日すぐ近くで見ていられる程、楽しいものはないですよ。

理事長 江口 浩三郎より

「なぜ、モンテッソーリ教育に魅力を感じるのか」


梅雨時とはいっても、なかなか雨が降りませんが、また集中豪雨がこないか心配ですね。
それに、毎日報道が続くウクライナでの戦争にも心が痛みます。
そんな心配ごとを忘れさせてくれるのが、子どもたちの元気な姿です。「子どもは遊ぶために生まれてきた」と昔の歌人が詠んでいますが、全くそのとおりで遊びの天才です。
この子たちの心が乱されることがないよう、毎日気配りを続けていくのが私たちのつとめであることを、忘れないようにしていきます。
ところで、数日前の新聞で、「元NHKの人気アナウンサー久保純子さんが、ニューヨークで保育士に」という見出しに目が留まり、「ひょっとして、モンテッソーリ教師ではないか」と思いました。そして読み続けていたら、やはりその通りでした。自分の子育ての時に出会い体験させ、その後教師資格を取ったそうです。永年実践している私にとって、当たり前と思っているモンテッソーリ教育の、何が久保さんに強くアピールしたのか、その魅力をもう一度おさらいしてみました。

① やはり最初は、クラスにずらりと並ぶバラエティに富んだ教具の魅力でしょう。鮮やかな色と形、さまざまな文字と数字、多種類の模型や絵カード、どれでも思わず手に取ってみたくなるものばかりです。

② そのうえ、これらの教具は全て、子どもの成長を促す系統性に沿っており、また成長期の宿題ともいうべき「敏感期」を、充分に満足させる各分野の内容となっています。

③ さらに驚かされるのは、私たちが見慣れた全員一斉的な形ではなく、全ての子どもが自分で遊び、自分のペースで取り組んでいることです。自分の人格と意思が尊重され、自分の存在が誰にとっても有益であることを感じ取らせるという、モンテッソーリ教育のメインテーマがまさにこの場面にあるのです。

④ 時間や場所を制限されず、思いどおりに活動を続ける子どもには、深い集中現象がもたらされます。このことのよって、より良い活動の結果を得られるとともに、これを繰り返すことにより、その子の人格がより善い方向へ導かれていくことは、多くの実践結果より証明されています。

⑤ 幼い時から自分の意思で選ぶことが保障され、その生活を続けてきた子どもには、物ごとを考え解決する時に、あくまで自分の力で進めていこうとします。いわゆる「自主性・自立性」「独立性」「計画性」の発揮です。同時に「自分の自由」と共に「他人の自由」も尊重していきます。モンテッソーリが、「平和は子どもたちの中から生まれる」と言ったのは、まさにこのことなのです。

久保さんがピンときたのと同じように、私も50年前、一発で「これはいただき」と感じました。未だにその選択は正しかったと胸を張って言えます。というのも、毎日顔を合わせる多くの子どもたちの表情の中に、私の理想の全てを読み取ることができるからです。だから私の今の心境は、「人生バンザイ」といったところです。

理事長 江口 浩三郎より

「知性を伸ばして、判断力を支えていこう」

時折、暑い日射しが照りつけてきて、夏がそこまでやって来ているのを知らせてくれます。やがてプールの方から、子どもたちの歓声が聞こえてくることでしょう。

この世の中、コロナにウクライナ、諸物価の値上げと、気分が下向きになることばかりですが、それでも、子どもたちの元気な声と姿に、どれだけ救われているか知りません。

おとなが子どもを守り、子どもがおとなを救うというのは、社会でのうまくとれたバランスなのでしょうね。

ところで、「情操」や「意思」とならんで、「知性」は人格の内容として重要な部分ですが、特に自由な人間性を目指すモンテッソーリ教育では、その発達の成否が大きな影響を及ぼしてきます。

「知性」ということばの内容には、モンテッソーリによれば、「現に目の前にないものを考える能力」と言っています。また、元西南学院短大学長の市丸先生によれば、「自分の置かれている状況を知り、それに対して適切な行動を取らせる働き」と説明されています。どちらをとっても、人が生きていくうえで決して欠かせない能力であり、その育成は幼少期から始める必要があります。具体的には次のとおりです。

① 多種多様の豊かな体験を通じ、そこから得られた多くの印象を受け入れておく……クラスでのお仕事や園庭活動、園や家庭での人間関係、日常生活の体験、散歩や買い物や旅行等で、雑多な体験をさせておきます。

② 常に子どもの身体を動かせておく…特に脳への影響が多い手や指を活発に動かしたり、どんな時でも自分で考えながら体を動かし、活動の正確化・精密化を目指すようにします。

③ 多くの体験にもとづく雑多な感覚的印象を、整理・整とんさせる……子どもが毎日行っている感覚教具を使った活動は、まさにそのためにあるのです。

④ 知性の発達にうまく対応できるような系統性のある環境を準備しておく……環境に導かれて知性は発展していきますが、それが途切れると大きく後退してしまい、取り戻すのが大変です。クラスに、多種多様なモンテッソーリ教具を準備しているのはこのためです。

「自由な生活」というのは、他人に頼らずあくまでも自分の意思で選択しながら行動することです。その時に大切なことは、選ぶ対象がどんなものかを、良く知っていなければなりません。そのためには、複雑なことがらでも、知性の働きできちんと区別・分類して、選ぶ対象の意味するところをはっきりとさせておくことです。

人生は、選ぶことの連続だといっても過言ではありません。選び方次第で、結果が大きく変わってくるかもしれません。だからこそ、幼い時から知性を身に付け、良質の選択が出来るような環境で過ごさせることです。そして、幸福な人生を保障するような、自由な人間が育つことを目指していきましょう。

 

理事長 江口 浩三郎より

  • 最新記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

このページの上部へ