採用情報2020

エミールこども園ブログimageエミールこども園ブログimage

Emile blogエミールこども園ブログ

「発達の第一段階について」

相変わらず、春を思わせるような毎日が続いています。北国での雪も少ないようです。寒くないのは結構ですが、「地球温暖化」がここまで来たかと思えば、何とも落ち着かない気分になります。

子どもたちは、今でも半袖の子もいてこの暖かさを満喫しています。「コマ」と「糸」を大切そうに持ち歩いているオレンジさんの頭の中には、どんなイメージがあるのでしょう。永い人生を生き抜けるための、ひとつの芽ばえかも知れませんね。

ところで人間は、誕生後20数年かけて自分を創り上げ、人格を完成させていくと言われています。ただその過程ではいくつかの大きな特徴があり、6年ごとに変化するため24才までを6で割り、これを「発達の四段階」と呼んでいます。今回は0才から6才までの、「第一段階」の特徴はどんなものかについて説明します。

① まずこの時期の子どもは、抽象的理解能力が充分ではなく、自分で実際に見たり触ったり出来ることでものごとを理解していきます。だから子どものまわりには、実体験できる豊かな環境が必要です。

② 次に、まだ何が善いのか何が悪いのかの価値判断ができず、まわりの出来ごと全てを吸収してしまいます。だから、子どもの成長にとって善くないものは、全て取り除く必要があります。

③ この時期にしか表れない、強い吸収能力を持っています。大変な努力や学習をしなくても、いろんなことを身につけることができるのです。だからびっくりするようなスピードで成長を続けることができるのです。

④ それだけに、心と体の成長のアンバランスにおちいりやすい時期でもあります。私たちおとなはいつも子どもをしっかりと見つめて、子どもがおだやかで安定した気持ちでいるように、心を配っておく必要があります。

⑤ もうひとついつも感心させられるのは、ものごとに取り組むひたむきで積極的姿勢です。目を輝かせ、力の出しおしみをせず、出来ないことが出来るようになるまでチャレンジし続けます。

⑥ 体質的に見れば、元気そうにしていても結構虚弱です。これも、心身の成長のアンバランスが原因なのでしょう。

以上、0才から6才までの特徴を記しましたが、現に目の前にいる子どもたちを見ていたら、全くそのとおりですね。子どもの成長をサポートする私たちも、この特徴をしっかりと頭の中に入れながら、今やらなければならないことを実行していきたいと思います。

理事長 江口 浩三郎より

「自己の確立が、日本の将来を救う」

明けまして、おめでとうございます。

ご家族の皆さまも、おそろいで良いお年を迎えられたことと存じます。やはり何才になっても、お正月はグンと気持ちが新たになるのを感じさせられますね。

今年はオリンピックの年です。前回は、私が大学四年生の時でした。それから50数年、長い目で見ると、日本は着実に進歩し豊かになってきています。この歩みを、なんとか子どもたちにも引き継いでいかせたいものです。

ところで先日の新聞に、新生児数が予想より数年早まり、90万人を割ったとの記事がありました。かつて多い時には200万人を超えていたのですから、大きな減少率です。ただ残念なことに、その対応策としていわゆる「少子化対策」、たとえば出生数向上のためとか、働き方改革等が論じられていますが、これはひとつの面でしかありません。もうひとつは、人口が減ったら減ったで日本の国力をどう維持していくか、また日本人ひとりひとりがどんな生き方をしなければならないのかを、真剣に考えてみる必要があります。

もちろん、IT技術の導入とか外国人移住者の増加もありますが、より大切なことはひとりひとりが自分を磨き自己を確立していくことです。そして「今自分は何をしなければならないのか」「どうしたらより良い社会を作っていけるのか」を、自分の力で真剣にとらえていけることです。このような人材を育てていくには、今すぐに幼児教育の段階から実行していかなければなりません。教育の成果として、「ものごとの効率的な進め方」「自分の役割と責任」「他人とのコミュニケーションのとり方やチームワーク」。さらには「外国人との共存」も含めて、社会のあり方、日本という国の進め方を、自分自身の問題として受け止めることができる人材が育たなければなりません。

身びいきかもしれませんが、モンテッソーリ教育は、こんな成果をあげることができると信じています。なぜなら、「自分で考え判断し、自分で行動できる人間の育成」を目指しているからです。相良敦子先生の「モンテッソーリ教育で育った子どもたち」では、それぞれが自分の個性を最大限に発揮し、周囲に影響を与えている姿が表わされています。エミールこども園の子どもたちも同様です。クラスの中でも園庭でも、自分から進んでさまざまな活動を混乱もなく自然にやっています。また幅広い友だちとの付き合いも実に上手です。「日本の未来は子どもたちの肩にかかっている」ことを、単なることばだけのお題目としないためにも、今私たちがやるべきことをやっていく1年にしたいと、気持ちを新たにしています。

理事長 江口 浩三郎より

「秩序の網をはりめぐらせる」

秋晴れの雲ひとつない空の下で、今日も大小両園庭から、子どもたちの歓声が聞こえてきます。その園庭の真ん中に立ってまわりを見渡すと、活動の種類の多さにびっくりさせられます。ボールをバンバンけっているサッカーから、片すみでの小さな泥団子づくりまで、その真剣さには変りがありません。子どもの時間の過ごし方には、全く無駄がないんですね。だからあんなにグイグイと成長するんですね。「子どもから学ぶ」ということばには、真実が含まれていることがよくわかります。

ところでモンテッソーリ教育では、子どもの意思を尊重し、自由に活動させることを大原則としています。にもかかわらず、仲間といっしょに過ごす子どもたちの生活では、大した混乱や衝突も見られず、かえって整然とした雰囲気が感じられます。「平和」で「穏やか」なのです。一体なぜでしょうか。それはこの時期の子どもたちが、「内面的秩序感の形成」を求めているからです。

子どもが小さい時、まだ空白の状態から自分という人間を創り出していく時、その大事なポイントのひとつが「内面的秩序感」です。この部分がしっかりと育っていれば、おとなになっても、秩序正しい整然とした行動を取ることができるようになります。

この「内面的秩序性」を育てるためには、子どもの回りの環境がきちんと整えられていなければなりません(外部的秩序)。モンテッソーリはこのことについて、「クラスの隅々にまで秩序の網を張りめぐらせておく」といっています。具体的に言えば、クラスや園内にあるいろんな教材や物が、いつもきちんと整理され、同じ場所に置いてある、順番を守る、決められた時間を守る、先生や友だちの話には、静かに耳をかたむける、教材やその他の物は大切に取り扱い、使ったあとはもとのところに戻しておく、友だちのやっているお仕事をじゃましない、また約束したことはきちんと守るなどです。

まだ幼い子どもたちに実行してもらうのは大変なことのように思えますが、実はそうでもありません。なぜなら、この時期の子どもたちは

① 自分の意思を大切にしながらも、友だちとの集団生活を楽しみたい。

② 無秩序によって引きおこされるエネルギーの浪費をしたくない。

③ 落ち着いた平和な生活が、自分の気持の安定をもたらす。

④ 秩序の整った生活を手がかりとして、自立した行動がとれるようになることを、本能的に知っているからです。

ですから大切なことはただひとつ、私たちおとなの環境に対する心くばりです。こんな

ポイントさえ知っていれば、子育てなんて簡単なものですよ。

理事長 江口 浩三郎より

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具imageモンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

モンテッソーリ遊具image

このページの上部へ